糖尿病という病気ですが、耳にした事はあっても実際には「何がどうなってどうなるのか」細かいことは分からない人も多いでしょう。
高血圧症のように多くの人が罹るものではありませんが、勉強しておくことも必要だと思います。

糖尿病の4つの種類

1型と2型、そして妊娠糖尿病と先天性糖尿病の4つのタイプがあります。
1型の場合は、すい臓が生成と分泌するインスリンが非常に少なく、または生成が難しくなっている症状で、注射などにより外部からのインスリン補給が必要になるものです。
そして圧倒的に多く、患者の約95%を占めているのが2型です。
2型の場合は、運動が不足したり、偏った食生活によってインスリンの分泌量が不足したり、作用しなくなったりすることで発症します。

食事や運動が原因の2型が殆どです

先ほども触れましたが、日本の患者数の約95%を占める2型糖尿病ですが、最近では注意が必要とされている年代に変化が生じています。
40代以上の中高年だけではなく、20〜30代にも発症しますし、小学生にまで増えてきているようです。
現在は、糖質の多い食事は年代を問わずに好まれていますし、また運動不足も叫ばれて久しいですし、間食を頻繁に摂る傾向等も、糖尿病患者を増加させている原因でしょう。
糖分は、すい臓から分泌されたインスリンによって筋肉や肝臓へ運ばれますが、運動することでエネルギーとして放出もされます。
しかし、「過剰な糖分は脂肪として蓄積」されてしまうのです。

血糖値が高い状態が続くことで、脂肪がどんどん蓄積されるだけでなく、糖尿病予備軍にもなりますから、いずれは糖尿病にもなってしまいます。
健康診断などの数値では、空腹時の血糖値が126mg/dl以上あるかどうかで診断されます。
肥満体型の人に多い症状ですが、何か大問題になる病気発症に繋がる症状ではないので、軽視してしまって悪化させることが多いことも特徴です。
「糖尿病が怖い」と言われているのは、重大な合併症に罹る危険性が高くなるからでもあります。
血液中の糖分は血管の表面を傷つけるため、動脈硬化の原因になりますし、免疫力が低下することで「腎臓障害」「視覚障害」「神経障害」などの合併症の発症の危険もあります。

糖尿病の予防には食事から気をつける

予防では「食事と運動がポイント」になりますから、簡単に始められる食事から見て行きましょう。
まずは糖質が多い食事は要注意です。
急激に血糖値が上昇するGI値の高い食材を減らすことが肝心ですから、「単糖類」と言われる砂糖やグラニュー糖などを減らす努力が必要になります。
「単糖類」は、摂取してすぐに消化されることなく腸まで直行して吸収されますから、血糖値の上昇も急激になるのです。
多分大好物だと思われる「ケーキ」「お菓子」「甘味料入りの清涼飲料水」「砂糖たっぷりのコーヒー」等は、控えましょう。
一方「多糖類」と言われる糖質は、白米やパンなどの炭水化物にも含まれていますが、消化に時間がかかるために、単糖類ほど急激な上昇はありません。
それでも、最終的には糖類として吸収されますから、過剰な摂取は控えるべきでしょう。
お腹を満たしたい欲求が強い場合には、野菜などの食物繊維を含んだ食材を一緒に食べることがポイントになります。
食物繊維は消化されないまま腸へと到達しますし、さらに糖質の吸収を遅らせる働きがありますから、積極的に毎食摂りたい食材なのです。

予防には適度な運動が不可欠です

食事制限と共に取り組みたいのが、適度な運動です。
食事によって摂取した糖質は、小腸で吸収されて血糖値が上昇する原因になりますが、運動によって糖質をエネルギーとして放出させることが出来ます。
糖質を放出させてしまうことで、脂肪として体内に取り込まれずに済むのですから、脂肪を燃焼しやすい体を作り上げることは可能です。
運動には「有酸素運動」「無酸素運動」のふたつがあります。
「有酸素運動」は、継続的で比較的弱い力が筋肉にかかり続ける運動を指しますから、エアロビクスやウォーキングなどが上げられます。
反対に「無酸素運動」とは、筋力トレーニングや短距離走などの瞬間的に強い力が必要な運動のことです。
運動苦手な方、心配要りません。
持続的にじっくりと運動を続けるウォーキングなどが効果を上げてくれますから…。
食後30分から1時間程度経った頃に実施することで、消化も進んでいて糖質の吸収も始まっている時間帯ですから、糖質を脂肪細胞に取り込む前にエネルギーとして放出させることができます。
糖質を摂取していない状態の場合には、脂肪を分解してエネルギーへと変換してくれますから、ダイエットにも有効な運動と言うことになりますね。
ただし、痩せている人の場合には、糖質制限をしながら有酸素運動をすることは、低血糖になる可能性があるといいますから注意してください。