コラーゲンは私たちの身体の中で作られるものですが、20代をピークにだんだんと減少していく成分です。

コラーゲンはたんぱく質から生成されるもので、ヒドロキシプロリンとヒドロキシリシンというアミノ酸が多く含まれています。

コラーゲンは身体の中でつくられるもの?

・コラーゲンの材料について

コラーゲンはお肌のためには、とても大切なもので、身体の必要度に応じて、アミノ酸を原料にして体内で生成されるものです。

コラーゲンはたんぱく質から生成されるものですが、ほかのたんぱく質と違うのは、アミノ酸の組成が特殊であるために、ヒドロキシプロリンとヒドロキシリシンというアミノ酸が多く含まれています。

生成されたコラーゲンは一定期間を経て古くなるとアミノ酸に分解されます。そして新に別のコラーゲンが生成される新陳代謝が繰り返されます。

・加齢で減少するコラーゲン

コラーゲンは、年齢が高くなるとだんだんと生成されにくくなってきます。身体には古いコラーゲンが残ってしまいます。

新しいコラーゲンと古いコラーゲンとを比較してみると、新しいコラーゲンに比べて古いコラーゲンは柔軟性が乏しいということがいえます。

また、水分を保ちにくくなるのは、繊維と繊維との間に隙間がなくなってくるので、水分が保たれにくくなってきます。

年齢的にはコラーゲンは20代までが一番多いといわれていて、それ以降は少しずつ減少していく傾向にあります。

40代頃になってきますと、20代の頃の約1/2ほどの量になるといわれています。加齢とともに減少していくコラーゲン、コラーゲンが不足してくると皮膚の弾力は低下し、骨の強度も落ちてくるといわれています。

少しでもコラーゲン不足を補うためには、食事に気をつけたり、サプリメントでコラーゲンを補充することや、軽い運動などがとても大切になってきます。

運動をすることで、血流を促し、コラーゲン生成をする繊維芽細胞の活性化を促すことが可能です。そのように、コラーゲンの合成能力を高めることができるようになるためには、運動をすることで多くの酸素を取り込むことが必要になってきます。

コラーゲンの体内での合成の方法

・体内で合成されるコラーゲン

コラーゲンはたんぱく質ですが、コラーゲンを食べたといっても、コラーゲンのままで体内には吸収されることはありません。

コラーゲンは体内ではアミノ酸に分解されて吸収されるためです。コラーゲン=お肌がプルプルといったイメージがあります。

なので、コラーゲンさえ食べておけば、美容のためにも安心だと思っている人は多いかもしれません。

コラーゲンは成分的に身体を構成するたんぱく質のおよそ30%を占める重要な成分です。

・コラーゲンの作られ方

コラーゲンの作られ方としては、たんぱく質と同じように、たくさんのアミノ酸が合成されて作られています。

コラーゲンの原料のアミノ酸は、リシンとプロリンというアミノ酸でこれが酵素によって合成されるわけです。そしてその際には、ビタミンCが必要で、これらの要素が揃ってはじめてコラーゲンが合成されていきます。

・効果的にコラーゲンを増やす方法

コラーゲンを効果的に増やす方法というのがあります。コラーゲンを効率よく摂取するためには、夜寝る前に摂取する方法です。

この方法は肌を美しくする成長ホルモンが関係しています。つまり、生成を助ける就寝後の時間帯に吸収されやすい美容ドリンクタイプを飲んでみることです。

もっとも吸収率が高くなるのは、低分子といわれるドリンクタイプや粉末状のものだといいます。

通常のコラーゲンの分子状では、酵素によってアミノ酸になってから吸収されることです。

この過程をすばやくしてくれるものが、コラーゲンペプチドと呼ばれている低分子のコラーゲンです。

吸収率としても、動物性のものではなく、海洋性のフィッシュコラーゲンだといわれています。

コラーゲンとビタミンCとエラスチン

・ビタミンCの重要性

コラーゲンを合成するためには、ビタミンCは欠かせない存在です。ビタミンCが不足するとコラーゲンは作られないことも起こりうるといわれているくらいです。

また、ビタミンCと同じような働きをするものがエラスチンです。エラスチンはコラーゲンの構造を支える働きをしています。

・エラスチンとは?

エラスチンとは、ゴムのような伸縮性を持った弾力組織でたんぱく質です。真皮の中にはたった2%ほどしか存在しないたんぱく質です。

このエラスチンの性質がコラーゲンと結びつくことで、肌にハリが生まれてきます。反対にエラスチンが不足するとコラーゲンを束ねるものがないために、ハリや弾力は失われ、シワやたるみが出てきてしまうのです。

・身体に重要なコラーゲンとエラスチン

コラーゲンとエラスチンはどちらかが不足しても肌や骨などのさまざまなところに影響を与えてしまいます。

ただ、これらをサプリメントなどで補給しようとしても、アミノ酸に分解されてほかで使われてしまう可能性も高いです。

・コラーゲンの摂り方

コラーゲンのひとつの摂り方として「すっぽん」があります。「すっぽん」のコラーゲンは甲羅の中にたくさん詰まっています。

肌をきれいにしてくれる「すっぽん」はすっぽん鍋だけではなく、サプリメントなどでも補給することがとてもおすすめです。