いつまでも若々しく艶やかな肌でいたい、という願望は女性ならどなたでも内心願っていることでしょう。
そのためには、肌のターンオーバーの働きは必要不可欠ですし、さらに新陳代謝による古い角質層の排除も大切になってきます。
加齢によるターンオーバーのサイクルは遅れがちになりますから、気になる「シミ・しわ」の原因を排除できなくなるのは止むを得ないでしょう。
加齢によるターンオーバーのサイクルの遅れをケアする為には、定期的にピーリングケアを行うことが必要に成ってきます。
古い角質をすっかり取り除き、肌のコンディションを整えるケアの方法を調べてみました。

ピーリングのメカニズムとは?

私などは「ピーリング」がなんだか怖いという非科学的な考えを持っていますが、医学的にも認められているフェイシャルケアなのだそうです。
その方法としては、ピーリングによって皮膚を溶かし、新たな皮膚の再生を促すのですが、
「シミ」「ソバカス」「シワ」などの原因となってしまうメラニン色素の蓄積を、効果的に排除することが出来るとされています。

美容クリニックなどで受けることができる「ピーリング」は、「AHA」「BHA」などが配合されています。
これらには、とても強い「タンパク質変性作用」や「皮膚の溶解作用」を持つ成分が配合されていますから、皮膚に塗布することで古い角質を破壊し、新しい皮膚の再生を行うことが出来るのです。

ただし、定期的にケアが必要になりますから、高い美容効果はありますがそれだけに、金銭的には問題が出てきますね。
いっぱいお金を掛ければ美しくなれるのは分かっていても、先立つものがネックです。
でも、最近では「AHA」を配合した家庭用アイテムも販売されるようになりましたから、クリニックに頼らなくとも「ピーリングによる美容ケア」は実行できるようになりました。

石鹸や美容液によって自分で手軽に行えますし、しかもとてもマイルドな使用感で肌への負担が少ないようです。
ただ、クリニックでも自分で行う場合でも同じなのですが、ピーリング後の新しい皮膚は外部からの刺激にとても弱いので、「紫外線対策」や「保湿」はしっかり行ってくださいね。

クリニックのピーリングの方法

クリニックによってその方法は異なっていて、薬剤使用の「ケミカルピーリング」と、医療レーザー使用の「レーザーピーリング」とに大きく分けられます。

ケミカルピーリング

「AHA」や「BHA」などの古い角質を溶かして落とす化学薬品を皮膚に塗布します。
プラス点は、「AHA」は植物由来の成分のため、刺激が少なくケアできる特徴があることで、しか即効性も高いとされています。
マイナス点は、肌が弱い方には低刺激でも化学薬品使用のために、肌トラブルの原因となる可能性があることです。

レーザーピーリング

医療用レーザーを照射して行うレーザーピーリングは、古い角質を焼いて除去します。
プラス点は、化学薬品を利用しないため様々な肌質に対応できることです。
マイナス点は、なんと言っても費用が高額になってしまうということです。

また、レーザー以外の治療に「クリスタルピーリング」と言うものがあります。
アルミニウムの微粒子を吹きかける方法で角質の除去を行いますが、まだ多くのクリニックでは行われていないため、地方では治療が難しいことが難点です。
でも、化学薬品を利用しない為、肌への負担が少ない方法なので、普及することを待つしかありません。
クリニックでの治療も、メリット・デメリットはありますね。

自宅で行うピーリングとは

誰でも美しくなりたい欲求は強いのですから、出来ればクリニックのピーリングケアを受けたいでしょうる
しかし、1回5000円〜1万円もの費用が掛かりますし、しかも1回ではすみません。
出来れば家庭で簡単に安く出来るのであれば、とても嬉しいことですよね。

そういう女性が増えてきて、ホームピーリングが人気なのです。
そのアイテムには、洗顔石鹸として利用するタイプと美容液を塗布するタイプの2種類が主流となっています。
どちらにも、古い角質を溶かして落としてくれる「AHA」や「BHA」などの成分が配合されていますから、安心ですし嬉しいですね。
自宅でピーリングを行うメリットは、薬剤の成分量が少ない為に使用感がマイルドになっていますから、刺激が少なくケアが出来ることです。

費用も手軽なため、気軽にピーリングケアが始められます。
ただし、低刺激な為に即効性はありませんから、継続して使い続けることが必要です。
私のようなピーリング自体に不安感がある人には、入門としての使用がしやすいでしょう。