女性にとっては、もしかしたら美容に関して一番嫌な気がかりなものシミでしょう。
皮膚のメラニン色素の沈着で起きるシミには、「肝斑」や「炎症後色素沈着」などがありますが、その全ての原因はメラニン色素が関係しています。

ただ原因が様々なので、対処法も違ってきます。
「ホルモンのバランス」や「食生活の乱れ」や「紫外線」「ストレス」「老化」そして「遺伝的要因」など、これ等が複雑に絡み合って起こると思われます。

そのケア法も、間違った方法で対処することで、逆に悪化させてしまうことさえあります。
自分なりのケアを試みて、改善の様子が見られない場合には、迷うことなく皮膚科の専門医に相談が必要になります。

肝斑に対するケア方法とは

「肝斑」と呼ばれるシミはよく耳にしますが、それだけ出やすいシミと言うことでしょう。
30代〜40代の女性に多く見られますが、頬骨付近、鼻の下、額などに出来やすいようです。
左右対称にできることが多く、妊娠時にも気付かぬ内に出来ている場合もあるシミです。

それから考えられる原因は「女性ホルモンの関与」とされているようですね。
外気に降り注ぐ肝斑の再発因子である紫外線と、肉体内のホルモンの関係が悪化した結果のようですから、セルフケアとしては「紫外線を防ぎ」「メラニンを生成そして沈着させない」ことが大切になります。
美容品を用いたマッサージも有効な手段ですが、顔の皮膚はとてもデリケートですから、強い刺激にならないよう優しくケアしてあげましょう。

薄くしたいのに濃くなってしまうことさえ、あることをしっかり自覚して置いてください。
食生活で気をつけることは、メラニン抑制と還元が期待される「ビタミンC」「ビタミンE」を多く含んでいる「トマト」や「鮭」そして「ヴェール類※」等、料理やおやつなどにも活用していきたいものですね。

炎症後の色素沈着のケアは大事

あまり耳慣れない「炎症後色素沈着」という言葉ですが、要するに肌が何かにかぶれたり、ニキビや火傷が刺激となり、メラニンが生成・沈着してできるシミのことです。
日常生活の中で、起こる防ぎようの無い原因でのシミですが、大抵は1年くらいで消えてしまいますが、消えない場合もあります。

このようなシミは、生活する上での炎症防止をこころがけること、「被れないよう・にきびを作らないよう・火傷しないよう」にすることで防げますが、すでにシミになっている場合は「紫外線を避ける」ことが大切になります。
外出の際には、しっかりと紫外線対策をしましょう。

そして、食事やサプリメントから「ビタミンC」「ビタミンE」を多く摂取してください。
炎症が酷い場合には、治るのを待つよりも早く皮膚科などに行き、治療をすることで色素沈着を防ぐことも出来ます。
「炎症後色素沈着」の場合は、初期の治療がとても大切になります。
もしシミが出来てしまったら、または時間が経ってしまったとしても、レーザー治療という方法もありますから諦めないでくださいね。

光線性花弁状色素班のケア

見慣れない耳慣れないシミの名前ですね。
調べてみました、光線(紫外線)によってできる花弁状(花びら)のようなシミのことだそうです。
夏などに強い紫外線を浴びることでできてしまう「日焼けジミ」ですが、背中から肩・胸などに見られる花弁状や金平糖状のシミのこと。

名前は可愛いのですが、日焼けした後赤い炎症がひいてから何ヶ月も経って現れますから、気付いたときは驚くと思います。
日焼けすると赤くなるタイプの肌質の人は、注意が必要です。
予防策は「紫外線対策を充分にする」ことですが、「ラッシュガード」と言うサーフィンのときに着用する速乾性と伸縮性に優れたUVカット効果もあるスポーツウェアも、とても効果があるようですよ。
若い方やお子さん達は、将来的な予防策としても「紫外線対策」は重要になります。
将来皮膚のトラブルで困らないよう、早め早めの対策は必要なのですから…。

※ヴェール類について
ビタミンやミネラル、β‐カロテンが非常に多く含まれていて、全体的にとても栄養バランスが良い食材です。
アブラナ科の野菜で、「プチヴェール」がその代表的なものですが、収穫時期は芽キャベツとほぼ同じで、11月下旬頃から始まり、3月頃までの地域が多いようです。